CASE

建築不動産 施工管理
2019年9月24日

土木と建築 両面の経験を評価してもらえる会社と出会えた! 幅広い経験を積める最大手ゼネコンのマネージャー職へ転職し、年収も70万円アップ!

メイン画像
Kさん / 男性 (47歳)
前職 一部上場デベロッパー RC建築施工管理(係長)
現職 一部上場最大手ゼネコン RC建築施工管理、土木施工管理(課長)
転職前の職務内容、職場環境など

大学卒業後、土木コンサルティング会社へ入社しダムや道路関連の土木の基礎を身に付けました。
その後、2社を経て建築施工管理として大規模建築物の施工業務に携わりたいと考え、前職に転職。
土木から建築へと業種転換を決めたことで一からのスタートとなりました。
現職では中層マンションの施工管理業務に携わってまいりましたが、他セクションへの異動やジョブローテーションが無く、より多くの経験を積むことが難しい環境でした

転職の動機、きっかけ

年収的(850万円)には不満がありませんでしたが、セクションが完全に縦割りであることから幅広い経験を積むことが難しいと考えたことです。
エージェントに複数登録し、情報収集をしながら気になった求人に応募していくという転職活動をしていました。

転職活動の流れ

建築業界に特化したエージェントと、ハイクラス専門のエージェントに登録して転職活動を行っていました。
廣済堂ビジネスサポート様を含めて4社です。
転職をしようと決めてから2ヶ月以内での転職完了を目標としていましたので、できるだけ多くの企業様の求人を目にしたいと考えていました。
結果として、書類選考17社となり、内11社が書類選考通過となりました。
今思えば、業界特化のエージェントを選んだことが良かったのだと思います。

今の会社に転職を決めた理由

理由は3つあります。
1つ目は「幅広い経験を積める企業」だと言うことです。
もちろんスーパーゼネコンという強力なバックボーンがあることもそうですが部署の垣根を超えて、さまざまなプロジェクトに参画できる風土があることが決め手でした。
2つ目は「土木+建築経験を活かせるポジションだった」ということです。
私のルーツは土木にあり、且つ建築も経験しているという特殊な経歴です。
これまでの面接を通して、どちらか片面の経験を評価いただける企業様はありましたが、両面を評価頂ける企業様とめぐりあえることはありませんでした。
今の会社では全面接を通して両面を評価して頂いたことが大変嬉しかったです。
3つ目は「担当コンサルタントの方の仕事に対する姿勢」です。
廣済堂ビジネスサポート様と他エージェントとの大きな違いは「手厚さ」にあると思います。
例えば、退職日までに内定を頂きたいという、スケジュール的には難しい希望を叶えるために企業への面接スケジュール交渉を念入りにして頂いたと思います。
結果的に、内定後1週間ほど家族旅行に行くことができました。
また、今回の転職では年収にはあまりこだわりが無かったのですが、前職よりも70万円ほどアップでマネージャー職という待遇を頂くこともできました。
全面的に信頼しておまかせして良かったと思っています。

廣済堂ビジネスサポートの人材紹介を選んだ理由

建築業界に特化しているエージェントだからです。
面談して頂いた後に分かったことですが、企業とのつながりも強く交渉力もあるエージェントだと思います。

担当コンサルタント:正尺 俊樹/しょうじゃく としきより
コンサルタント画像
初めてK様とご面談させて頂いたのは、お電話でした。現職のご退職を決められた後でしたので、ご希望の転職完了時期がタイトでした。現職では建築施工管理技士として従事されたいたこともあり、建築施工管理をメインにご転職活動を進めていらっしゃいましたが私が注目させて頂いたのは、K様の土木のご経験でした。
「土木のご経験を活かしながら、建築にも携わることができる」ポジションであれば、多面的にご活躍できることをお伝えし、初回のご面談でエントリーのご承諾を頂きました。その後、面接対策や面接同行、企業様との打ち合わせを通し、見事内定を獲得されました。
現職以上のご条件を手にされた内定通知の日、K様から「本当にありがとうございました」とご家族旅行のお土産を頂いた瞬間は、コンサルタントとして最上の喜びを感じたことをはっきりと覚えています。
これからのご活躍を心よりお祈り申し上げます。

経験豊富な
コンサルタントが
あなたの挑戦を
サポートします。

KOSAIDO CAREER SEARCH